• home

栄えているようで意外と栄えていない街、それが川越の特徴ですが、近年は駅もリニューアルされて、駅ビルの中にも買い物が出来る施設やレストランなども出来たので、徐々に盛り上がる流れ… >>続きを読む

いつも行っている回春系のメンズエステのお店は女の子との関係が結構いい感じで、もう向こうは自分の身体のことを何でも知っている状態です。もはや自分の医者よりも知っているぐらいのレ… >>続きを読む

東京都内では多くの風俗店が点在しており、数は定かではないですが1,000店舗近くあるのではないでしょうか。都内の各駅に風俗店があると言っても過言ではないほど店舗数が多いので、… >>続きを読む

   

当サイトについて

  • ノープラン風俗タイムはリンクフリーです。バナーは以下をご利用ください。

  • ナニコレ風俗百景

    88 x 31

おすすめサイト

巨乳やぽっちゃり女子が好きでたまらない。そうであれば、一度はオススメしたいソープです。知る人ぞ知る川崎にあるのでコスパも抜群。おっぱいに身を預けてみませんか。人気と評判のお店です。川崎ソープの巨乳ぽっちゃり風俗【美巨乳ソープ 愛】

大昔から続く五反田の風俗

五反田が現在なぜ歓楽街と言われているのかというと、世界の歴史が大きく動かした世界大戦が深く関係している事がわかります。そもそも戦前や戦時中では「風俗」という言葉がなく、風俗のような抽象的な言い方ではなく、「色街」や「花街」と呼ばれていました。その当時では現在の風俗店のような風営法等はなく、サービスの境目はなく自由であったといいます。また1930年台頃から既に五反田は都内でも屈指の花街と呼ばれる程栄えており、その当時の荒川区尾九と共に急速に発展したと言われております。その理由としては大正12年に関東大震災が発生し、東京都の東部では大きな被害が生じ、街がほぼ壊滅するほど甚大な被害を出しました。その東京都の東部で芸者として働いていた方が働き先を探すべく五反田に集結したことで五反田の歓楽街が栄えたと言われております。ただ、大震災が起こる以前から既に五反田には色街・花街が存在しており、元々そういった街だったようです。そして更に五反田の街が急速に発展することとなります。更に発展した原因とは1920年後半に五反田エリアで鉱泉が発見されて以降、温泉旅館が増えていき、街が発展していく程に花街は大きく成長をしていったと言います。温泉旅館でも飯盛女を雇うようになり、食事の配膳、晩酌の付き合い等行い、その後は夜のサービスを提供していたそうです。また元々歓楽街であった五反田では芸者が多く働いており、温泉旅館に芸者が伺い、観光客に対し芸者遊びや夜のサービスを提供していたと言います。五反田の風俗はそういった過去の経緯もあり、色街や花街の文化を継承され続け現代の風俗として存続していると言えます。確かに以前あった色街や花街等のような形ではないですが、現代に合った形で「風俗」として男性客に性的なサービスを展開しており、今日でも多くの男性が利用をされております。現代の五反田では無店舗型風俗店が多く、いわゆる派遣型が多く目立ちます。昔で言うと多少違う部分もありますが揚屋や茶屋のようなスタイルで、置屋に芸者や娼妓を待機させており、揚屋や茶屋で注文があれば芸者、娼妓を派遣するのは現代の無店舗型風俗店と少し似ている部分がございます。そういったシステムはもしかすると現代の風俗店が引き継いでいるのかもしれません。現代の風俗店と以前の花街や色街とではサービスの提供方法や女性と遊べる幅が違いますが、結局のところ男性が女性の身体を求めてしまうのは時代が移り変わろうが根本の部分は全く変わらないと考えると、この先何十年と年を重ねても今ある風俗店の形は変わってしまうかも知れませんが、女性が男性に対して性的なサービスを提供する商業は消えないのだなと感じてしまいます。

五反田の風俗店で遊ぶのであれば外すことの出来ないピンサロです。今までに味わったことのない快感を味あわせてくれる女性ばかりが在籍しています。ただエロいだけでなく突き抜けた極上テクニックで気持ちよくなれる優良店です。五反田 風俗【ハイパーエボリューション】

童貞だが、勇気を出してソープに行ってみたwww

童貞をこじらせて20数年。「やっぱり初めては好きな女の子としたい…」と思ってたんやけど、彼女を作るどころか女の子とまともにしゃべる機会すらない。今回はボーナスがそこそこ出たので、とうとうプロの女性に童貞を捧げることを決意。そっからワイはネットで良さげなお店と嬢、そしてソープにおけるマナーやルールを徹底研究。ついでにS○Dの名AV「超高級ソープ嬢」シリーズを見まくった。結局、ワイが選んだお店は吉原の大衆店(2~3万円)と中級店(3~5万円)の間ぐらいのソープや。童貞なら、ルックスがいいだけでなくテクもマナーも抜群の高級店に行くべき、という意見・カキコミがネットでは多かった。というても、財布の都合もあるし、ちゃんと情報を収集すれば大衆店でも満足できる嬢に当たれるという。吉原ならソープ激戦区やからどこのお店もしっかりしてるやろと、吉原で90~100分3万円を目安にお店を絞った。候補を数軒に絞ったのち、ワイが吉原に行ける曜日・時間帯に出勤している嬢の中から、好みのタイプ数名をピックアップ。そこから各種風俗検索サイトや口コミサイト、ホ○ラブ、爆○いなどでさらに情報収集。第1~3候補まで確定させ、吉原突撃前日に震える声で吉原の中級ソープへ電話。「は、は、初めてなんですけど、土曜日にIさんをぉぉお、ぉ、お昼前後スタートの90分で予約できますか?」と、激しくどもりながらも何とか伝えられた。すると「はい、大丈夫ですよ。13時スタートでよろしかったですか?」と、ダンディで渋い声のボーイさんが応じてくれた。ここで総額料金をきっちりと確認。先方からは送迎車の有無や待ち合わせ場所、予約時間の1時間前に確認の電話を入れなければいけないことなど、丁重に確認事項を伝えられた。しかしこの辺はネットで予習済み。「進○ゼミでやったところや!」とばかりに、元気よく応じたが、「これでとうとう童貞を捨てるんやな…」とちょっとばかりしんみり。当日は日課のオナニー、ついでにアルコール・タバコも控え、入念に体を洗い、爪を切り、ヒゲを剃り、フ○スクを大量に摂取しながら吉原へ向かったワイ。ボーイさんのクソ丁寧な応対に若干ビビりながらも、予約時間10分前に入店。ドキドキしながら待っていると「7番のカードをお持ちのお客様、いらっしゃいますか?」との声。13時00分、吉原。時はきた!暖簾から顔を出したのは、年齢は思ったよりも上かな、でもほぼ写真どおりのきれいなお姉さん系のIさん。初めての風俗やからわからんが、当たりやと思う。街角や電車で見かけたら、「お、きれいな人やな」とちょっとうれしくなるレベル。そっと手をつながれ、部屋まで誘導してくれるIさん。なお、女の子と手をつないだのも超久しぶり。柔らかできゃしゃで暖かくて、この時点で感動した。ただ、やっぱり頻繁に水(というかお湯)に触れるからか、ちょっとガサガサしていたかな。部屋へと到着し、お茶とコーラとコーヒーのどれがいいか聞かれ、お茶と返答。上着を脱ぎつつ、軽く雑談。ワイはここで「初めてなんです」と素直に告げた。すると「だめだよ~、若いんだからちゃんと恋人を作る努力しないと。でももう来ちゃったんだし、今日は私を恋人だと思っていいから。これからは頑張ろうね」と、お姉さんぶりつつ、ニコッと微笑んでくれたIさん。何やこれ、かわいすぎや、好きになってまう…。初ソープだと緊張しすぎて中折れするヤツも多いようやが、短い時間でも話をしてIさんをかわいいなと思えたからか、ワイは平気だった。というか、すこぶる元気でバキバキやった。初めて触ったおっぱいの柔らかさには感激したし、「たかだか3万円でこんなきれいな子がこんなことしてくれるんやなぁ」と感心してしまうほど、熱心なIさんのテクで、体のあちこちを超気持ちよくしてもらた。どこもかしこも柔らかい女性の体を堪能しまくったし、マットも気持ちえかった。入店する寸前まで葛藤はあったが、終わってみれば行ってみてよかったと思う。明日からは仕事頑張って、来月もIさんを指名しよう。余裕ができたら、今度は違う女の子も試してみたい。そう心から思えたソープ初体験やった。童貞どもは、行けばわかるさ!の精神で一度試してみたらええ。きっと感動できるはずや。

準備中

準備中