憂さ晴らしに西船橋の風俗

憂さ晴らしに西船橋の風俗

先日、友人たちと千葉に遊びに行きました。遊びに行ったといっても観光がてら仲の良い友人たちと小旅行をしたといった感じです。東京からだったので、電車で片道1時間半くらいかかる感じで、現地からは道央から道南付近を巡りました。メンバーは全員で7名で男4人女3人でしたが普段からワイワイやっている関係でその日も冗談を言いながら楽しく過ごしていました。こういう旅ですから、普段と何か違う部分があったりするのかなと期待していましたが、とりあえず特に違いはなくいつも通りです。しかし、時間も過ぎ夜の雰囲気が出てくると、おかしな動きが出てきました。普通なら千葉市まで出てそのまま帰宅の流れで皆と帰る流れなのですが、周りの何人かはそのまま滞在するとのこと。あれれと思いつつもまぁこんなメンバーだし多少の色恋みたいなものがあっても疑いません。2人に上手く仲良くやってくださいって感じで祝福していました。こういう旅も相まったものかなと思ってほっこりしていましたが、なんだか様子がおかしいことに気づきました。他の4人も同じように途中で別れるとのこと。その瞬間はっとしました。自分だけが半端ものだったのです。ありゃ~と思いつつも、一杯食わされたとガックリ。多勢に無勢な状況でしたので、一人しょんぼりと帰ることに。このまま帰っても面白くなかったので、みんなは楽しんでいるんだろうなと想像してしまった自分は、西船橋で途中下車して風俗に行くことに。こんな時に一人デリヘルを呼ぶためにむなしくラブホテルに足を運ぶのも癪だったので、ヘルスに行くことに。こういう時こそ瞬間的な快楽を得ることに没頭する方が良いだろうなという思いからの選択です。そもそも西船は割と風俗が盛んで、船橋市自体がそんな雰囲気を醸し出しています。小旅行で疲れた汗まみれの身体をお店の女の子に手厚くケアさせたいようなSな一面も相まって楽しさも倍増です。現実的な悲しさ寂しさもありますが、人生その時その時を楽しめないと意味ないなと思いつつ、西船橋を散歩しながら2件目にも行ってしまう自分でした。少し歩けばまた風俗店がすぐに目に付く誘惑には勝てませんね。
西船橋の風俗なら人妻性感ヘルス|戸惑いのひととき