東京でチャットレディを始めてみました

東京でチャットレディを始めてみました

地方から東京に引っ越してきてからバイトを探して働いているのですが、残念なことにどうも長続きがしません。東京のコンビニや飲食店で働く場合、お客さんがひっきり無しにやってくるので、対応に追われてしまって疲れ果ててしまいます。そんなに長時間働いているわけでもないのに、バイトが終わった後はどっと疲れが出てきてしまうのです。これだけ働いても月に貰える金額は正社員と変わらないので、正社員になりたいと思うこともあるのですが、いくら東京は仕事がたくさんあるとは言っても、ろくに経歴もない自分を雇ってくれるところはあまり無いので、困ってしまうのです。在宅でできる仕事も色々と探してみたのですが、PCを結構使いこなせなければいけなかったり、地味な作業を続けたりするので、自分に不向きでした。東京だったら仕事が色々とあると思って上京してきたのに、どうしてこんなに上手くいかないのだとイライラする時期も結構あったのですが、そんな中で見つけたのがチャットレディの仕事です。家で男性相手に適当に話をしていれば、それだけで成り立つ仕事なので、自分の性格的にもチャットレディはかなり合っていました。こういう仕事って顔を出さないと成り立たないと思っていたのですが、顔を出さずに配信もできるので、身バレの心配も無いのが嬉しかったです。チャットレディのイメージって男性からセクハラまがいのことを言われたりすることばかりかと思っていたのですが、話し相手になってくれる男性が親切な感じなので、思ったよりも気分的にも楽になりました。チャットレディは、東京の人を相手に話をする機会があまり多くないので、地方の色々な話を聞けたりして新鮮な気分にもなれます。一応、仕事としてチャットレディをやっているので、相手にとって楽しい時間になるようにしなければと思って最初は気を使って色々と話をするのですが、最終的に自分自身でも楽しんでしまっているので、結構向いているのかも知れません。東京に来てから、人と話をする機会がめっきりと減っていました。バイトをしている時はあんまり雑談もできませんし、出会う人がみんな疲れているような印象だったり、冷たい印象だったりしたので、どこか馴染むことができませんでした。だから、家の中でも独り言をぶつぶつと話はじめているような、精神的にあまり良くない状態だったので、せっかく東京にやってきたのになんだか病んでいるなあとつくづく思ってしまったのです。でも、チャットレディを始めてからは人と話をする機会が増えましたし、適当に雑談をするだけでお金が貰えるということが嬉しいので、モチベーションもかなり維持したままの状態でチャットレディを続けることが出来ています。このままずっと今の仕事を続けられるかどうかはわかりませんが、しばらくは続けてみようかなと思っています。
東京チャットレディ求人!池袋ライブチャット【ガールズライブ】