ママ友との付き合い方

ママ友との付き合い方

子どもが生まれる前、子どもが生まれた後など、子どもを通じてママ友と知り合うことがあります。近所の公園や子どもが遊ぶ児童館、保育園など。ずっと家にこもって子育てしていると、いろいろなストレスが溜まり、生活にも影響が出てしまいますので、このママ友と育児のこと、子どものことなど話すことで精神的に救われるママも多いと思います。ですがなかには、ママ友との付き合いを面倒に思い、距離を置いているママもいるようです。下手に気を遣って疲れてしまうよりも、たまに会ってランチをしたりするなど、ママ友との付き合いはある程度距離感を持って続けるのがよさそうです。もちろん気が合うなら一緒に楽しむのもよし、ひとそれぞれでいいと思います。決して無理強いをしたりしないで自然な付き合いが理想ですね。

ママ友とのお付き合いは必要か必要じゃないか、人それぞれだと思います。初めてのお子さんの場合、子育てをしていて困ったことがあったときにもママ友は頼りになる存在だったりします。ママ友は作りたいけど、あまり深い付き合いは望んでいない、というならば、それでいいと思います。もちろん気が合うお母さんがいれば積極的に仲良くなるのもよし、あまり力を入れずにお付き合いをすればよいのです。お仕事をしているので、託児所の送り迎えの際に顔を合わせることがあると思います。挨拶さえきちんとできれば、悪い印象を持たれることもありませんし、何か聞きたいことがあれば、保育士さんに聞いてみたり、ママ友さんとの付き合いは適度な距離感を保つとストレスにもなりませんね。

風俗で働く同業者で子どもがいて、というお母さん同士で仲良くなることもあります。託児所に送り迎えをしているときによく顔を合わせて、自然と話すようになる感じです。特殊な職業柄、悩み事などもママ友さんとなら分かち合うこともできるので、積極的にママ友を作ることはオススメです。普通は仕事柄のことも含めて、世間的なお付き合いに風俗的な話をすることもできないでしょうから、同じ価値観を持つ親御さん同士で話せたりすると良いかもしれません。逆に一般家庭の親御さんとは話も価値観も生活状況も違ってくるので、やり取りをするだけで気苦労が出てしまうかもしれないので、無理に交流をする必要もないでしょう。子どものことは託児所の保育士さんがお仕事中はしっかり見ていてくれますので安心です。ママ友さんとの付き合いも大事かもしれませんが、できれば保育士さんとの付き合いを上手にしていくと、より良いお仕事ができるかもしれませんね。

託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】