小倉のデリヘルで方言に興奮

小倉のデリヘルで方言に興奮

出張で新幹線を使って東京から小倉まで向かったのですが、かなりの長い道のりだったので、なかなか疲れました。いくら新幹線が早いとは言っても、時間にして5時間弱かかる訳ですから、結構疲れもたまるのです。パソコンを開いて仕事もしていましたが、電波状況が安定しなくなったりもしたので、途中でやめて、スマホで小倉のことを色々と調べ始めましたが、その中でも気になったのはデリヘルでした。周りが標準語で話をしている環境から、一気に方言だらけの環境に行くので、女の子とかどんな感じなのだろうと気になってしまったのです。ちなみに出張で向かう仕事場は、自分よりも年上の中年男性ばかりで、女性はいたとしてもオバちゃんだけだとか。そんな話を聞いてしまったのでなんだか夢がないなあと思ったので、小倉でデリヘルを呼ぼうと思ったのです。とはいえ、どこのお店にしたら良いのかもわかりませんし、小倉のデリヘルの料金相場もいまひとつつかめません。こういうときに東京とかで利用している系列のお店とかあったりしたら良いのにって思うんですけれども、さすがに東京と小倉ほど離れていてはグループのデリヘル店などはなく、しょうがなく口コミや評価を色々と見て、デリヘル店を選びました。店舗は女性の年齢層が結構幅広い感じではあるものの、若い子が中心だったこともあり、パネマジを回避さえすれば良い娘に当たるという自信がありました。新幹線が小倉に到着する1時間ぐらい前からずっとどの娘にするかを物色していたのですが、それなりに顔も出していて、写メ日記も結構な頻度で投稿している娘に目をつけました。そして小倉の駅に到着後、出張先の事務所に向かって軽く挨拶と仕事をしてから今日泊まるホテルへ。夜8時ごろに、早速デリヘルに電話して、好みの娘を呼ぶことにしました。30分ぐらいで到着できるとのことだったので胸を高鳴らせながら女性を待ちます。そしてドアのベルが鳴り、入った来た娘の挨拶の時点でもうやられてしまいました。可愛らしい小倉弁で話をする彼女をいきなり抱きしめたくなりそうになりましたが、あくまでも紳士的に迎え入れて、諸々手続きを済ませてから早速プレイ開始。今までデリヘルに行って方言女子がやってくることがありませんでしたので、どんな感じなのかと思っていたのですが、まるで遠距離恋愛を楽しんでいるかのような気分になって、素晴らしく楽しかったです。ただ、プレイの方がものすごく手練といった感じで、あまりにも慣れた様子で接客をしてきたので、ちょっとそこの点に関してはもう少し初々しい娘がやってきてくれた方が嬉しかった感じがしました。でもデリヘルなわけですから、慣れているのが普通ですので、そこまで気にするという訳ではありませんけれどもね。色々と好みや加減が難しいと感じた、小倉での夜でした。
北九州・小倉のデリヘル【ミセスコレクション】